Case studies

ケーススタディ

Case 13プロベートの回避策

プロベートを回避する方法には、どんなものがありますか?

主に、次の手法が検討されます。

1.トラスト(信託):Inter Vivos Trust, Living Trust
2.死亡時譲渡特約:Pay-on-Death, Transfer-on-Death
3.保険契約
4.ジョイント財産(合有財産):Joint Tenancy, Joint Trust with Right of Survivorship

また、次の財産はProbateの対象となりません。

1.夫婦財産制に基づく財産:Community Property
2.公的年金(Social Security)によって遺族に支給されるお金
3.少額の遺産(金融機関、州ごとに金額基準が異なる)
4.給与の未収金
5.自動車
                                 2022.7.26

これらは一般的な理解ですので、実際の検討の際には現地の弁護士や会計士・税理士に内容とリスクを確認して下さい。
特にトラスト、ジョイント財産、夫婦財産制に基づく財産は、日本の課税関係を予定しづらいため、税務面の慎重な検討が必要です。

関連する記事

Mali Magazine メールマガジンお申し込み

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォーム

03-3581-1975

 受付時間 9:00-18:00 (土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

TOP