Features

国際相続チームの特徴

国外財産の相続や(被)相続人が国外居住している場合、国内の相続手続のみならず国外の相続手続が必要となる時があります。
この場合には現地弁護士や会計士と一緒に作業を進めなければなりません。
JCT(旧永峰・三島会計事務所)は1989 年の設立以来、国際税務に特化したコンサルティングファームとして、
このような国を跨いだ相続税・所得税申告に関する豊富な実務経験を有しています。

国際的ネットワーク
世界110 ヵ国に710 余のオフィスを有する会計事務所ネットワークPRAXITY(*)のメンバーファームとして、日本のお客様が関係するほぼ全ての国の税務問題をカバーします。
更に、相続専門の世界中の弁護士・会計士からなる専門家集団ITSG(*)の日本メンバーとして、複雑な法務・税務問題もアシスト出来ます。
(*)
Praxity URL :https://www.praxity.com/
ITSG URL :http://www.itsgnetwork.com/itsg/index.asp
英語による
コミュニケーション
国際相続において現地専門家とのコミュニケーションに英語は必須です。JCT は設立以来、「英語によるグローバルクライアントへのベストサービス」をミッションとして、英語によるコミュニケ ーションを実践してきました。
豊富な実務経験
国外が絡んだ相続税・所得税も最終的には国内の税務問題に帰着します。
JCTは30 年余の歴史を通じて資産税、所得税共に豊富な実務経験を有しています。

Service Flow

サービスフロー

01面談
ご依頼者と面談して問題点を把握し、その場で、もしくは後日に解決策をご提案します。
02契約締結
ご依頼者に十分ご納得頂けるまでご提案を説明して契約させて頂きます。
03調査・評価
国内及び海外の相続財産の調査を実施し、財産評価(海外財産は現地の専門家と協業が必要な場合もあります)を行います。
04海外の税の
計算
日本の相続税の計算を行うと同時に、海外の相続税あるいは遺産税の申告義務及び納税額の把握を行います(現地の専門家との協議が必要です)。
05国内の税の
計算
海外の相続税あるいは遺産税を確定させ外国税額控除等が漏れないように日本の相続税の計算を行います。なお、海外での相続税あるいは遺産税が日本の相続税の申告期限内に確定しない場合は、確定後直ぐに更正の請求が行えるよう準備します。
06名義・変更
国内財産と海外財産の名義を相続人に変更します(遺言、トラストの場合はその手続きによります)。

Professionals

国際相続チームのご紹介

国際相続チームのご紹介
永峰 潤
永峰 潤
公認会計士、税理士
東京大学文学部卒業
ペンシルバニア大学ウォートンスクール卒業(MBA)
等松・青木監査法人(現・監査法人トーマツ)、米国バンカーストラスト銀行(現・ドイツ銀行)を経て、現在は税理士法人JCタックス 代表社員。
30年余に亘り国際税務業務に携わっています。
三島 浩光
三島 浩光
税理士
中央大学大学院商学研究科 修了
BDO三優監査法人グループの税務部門を経て、税理士法人JCタックス 代表社員。
国際相続や海外分散投資の税務対策、個人のタックスヘイブン課税対策、国内の相続対策や資本政策及び事業承継対策等のコンサルティングを行っています。
鈴木美晴
鈴木美晴
税理士
立教大学経済学部経済学科卒業
主に個人の税務相談、相続税の申告及び対策等に関する税務コンサルティング業務に携わっています。
平尾嘉三
平尾嘉三
税理士
慶應義塾大学法学部政治学科卒業、訴訟補佐人講座終了(東京地方税理士会、租税訴訟学会)。
相続業務を中心に富裕層向け税務サービスに14年携っています。

Case studies

ケーススタディ

ケーススタディはこちら

Publications

書籍紹介

書籍紹介はこちら

TOP