Topics

トピック

第149回 収益認識会計基準の追加開発、国外財産に係る所得課税、長時間労働者に対する面接指導のための労働時間の状況把握、レオナード・バーンスタイン

2019年11月21日

1.会計(収益認識会計基準の追加開発)

ASBJは10月30日に「収益認識に関する会計基準(案)」等を公表した。
収益認識の表示に関する次の事項について、2018 年会計基準が適用される時までに検討することとしていた。
1) 収益の表示科目
2) 収益と金融要素の影響(受取利息又は支払利息)の区分表示の要否
3) 契約資産と債権の区分表示の要否

1)に関しては、契約資産と顧客との契約から生じた債権を貸借対照表に区分して表示するか、貸借対照表に区分して表示しない場合は、それぞれの残高を注記することが提案されている。
契約資産という新しい概念が導入され、従来までの売掛債権とは異なった資産を計上することになるので、注意が必要である。

2.税務(国外財産に係る所得課税)

令和元年9月26日に公表された政府税制調査会の答申によると、納税者の海外事業や海外投資から生じる所得を適正に把握することは、わが国の現在の税務行政の執行管轄の状況からは困難であるとの現状認識のもと、納税者に対して、税務調査の段階においても国外における事業や財産の状況を適正に開示するための制度を整備する必要があると述べられている。今後の税制改正に向けた議論では、税務調査における強制力のある情報開示請求、不開示財産に係る課税漏れについてペナルティの加徴といった内容が議論されることが予想される。

3. 労務(長時間労働者に対する面接指導のための労働時間の状況把握)

2019年4月1日より労働安全衛生法第66条の8で定められている長時間労働者に対する健康確保措置(医師の面接指導)が拡充された。事業者は、この面接指導の適切な実施を図るため、タイムカードによる記録、パーソナルコンピュータ等の使用時間(ログインからログアウトまでの時間)の記録等の客観的な方法その他の適切な方法により、労働者の労働時間の状況を把握しなければならない。また、把握した労働時間の状況の記録を3年間保存しなければならない。尚、高度プロフェッショナル制度対象労働者を除いた全ての労働者の労働時間の状況把握をする必要があり、管理監督者や裁量労働制適用者も例外ではない。(出典:「事業主・産業医・その他産業保健関係者の皆様へ」より)

4.今月の名言

偉大な業績を成し遂げるには2つのことが必要である。計画と十分な時間が無いことである。
(レオナード・バーンスタイン)

ウエストサイドストーリーのリメイク版が来年公開されるそうですが、アメリカ出身の名指揮者が残した言葉は、札幌開催が決まったオリンピックマラソン競技についておおいに示唆に富んでいます。4年間何やっていたんでしょうか?

Mali Magazine メールマガジンお申し込み

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォーム

03-3581-1975

 受付時間 9:00-18:00 (土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

TOP