Recruit

採用情報
Payment K.M.さん

2017年入社

支払代行業務だけでなく、会計知識も身につけることができる環境です。

Q. 支払代行の業務ではどのくらい英語を使用しますか?
私が現在担当している13社のうち2/3は英語が必要なお客様になります。
英語を使って電話をすることはありませんが、メールでは必要になります。
ただ前職では英語でメールを書いた経験はなく、少しずつ書くことに慣れてきている感じです。
Q. 入社前と入社後のギャップは?
ほとんどありませんでした。面接時に説明を受けた業務内容通りでした。
面接に来る前は支払代行と経理のつながりのイメージがあまり湧かなかったのですが、面接の際にその関係を理解することが出来ました。
Q. ペイメントチームはどんな雰囲気ですか?
チームとしてまとまっていて仕事がしやすい雰囲気です。分からないことがあっても、気さくな方が多いのですぐ先輩に聞ける環境です。

ある日のスケジュール

9:30
出社
前職では、9時出社だったその頃と比べて、朝が苦手な私にはずいぶん楽になりました。
9:45
海外送金の準備
入社3ヶ月目。まだ支払い準備する金額の大きさにビックリしています。
全ての業務はOJTです。お客様は世界中に本社があり業界業種も異なるので、スタンダードな業務フローはありません。
今日はB社の引継ぎ。請求書の支払いがとても多いクライアントです。過去の実績を見ると、1ヶ月で100枚以上の支払い枚数。
枚数の多さだけでなく、海外送金も多いことから引継ぎに時間がかかってしまいます。
この海外送金は海外の銀行名や口座情報の確認が必要になります。特にSWIFTコードがない支払いについては、日本子会社の総務担当の方と連携をとる必要が出てきます。
このB社の海外送金は多い時は1ヶ月で請求書の枚数が150枚以上になります。
12:30
ランチ
私が座っている周りはデスクでお弁当を取る方がほとんど。私も作ってきたお弁当をデスクで食べます。
1時間の昼休みをゆっくり休めます。
13:30
英文メールの指導
お客様に対する英文メールの回答を作成、先輩に添削してもらいます。
メールの添削をしてもらう度に新たな言い回しを教えてもらいます。
ビジネスの状況では「こういうふうに使用するんだ」という発見が多いです。先輩に感謝!
15:00
担当の引継ぎ
D社の引き継ぎを受ける。年に数回各クライアント担当を変えるので、入社間もない私でもいろいろなクライアント経験ができます。
このD社は支払のみならず、資金移動が発生するのが特徴的なクライアントです。
このお客様の場合は、日本に複数口座を持ち、用途別に口座を使い分けている為、発生する業務です。
毎月支払するのに必要な分だけ各口座へ資金を移動させる必要があります。
16:30
メールチェック
ペイメントチームにきているメールをみんなで全部チェックします。お客様のメール依頼通り返信しているかダブルチェックします。
先輩がお客様に送った英文メールにも目を通すことが出来とても勉強になります。
17:30
帰宅
仕事が早く終わったので、フレックス制度を利用して帰宅。
混み始める前の電車にギリギリ乗り込めました。

TOP